会社概要

1971年、円の変動相場制が開始され沖縄返還協定の調印が行われるなど混沌とした時代の中、
町の鍛冶屋から始まった当社は2021年で半世紀を迎えます。

油のにおい・油煙たちこめる工場内、話す声が聞こえないくらいの機械の音。
ここで働く職人の方々の姿は、私にとって人生そのものです。

小さな町工場ではありますが自動車関連の製品を製造できるまでに至った過程で、
自社努力のみならず取引先様と共に成長させていただいたことが、
先代から引き継いだ最高の財産であると感じています。

2018年7月7日、西日本豪雨により当社は被災をし、
工場内が約2m浸水・大小100台の機械が全滅するという設立以来最大の難局を迎えました。

しかし、その際にも取引先様をはじめ本当に多くの方に手を差し伸べていただき、
同年11月には不可能と思われていた年内の完全復旧をすることが出来ました。

災害をきっかけに失ったものはとても大きかったですが、
反対に平常時では感じることの出来なかったであろう気づきで得たものも多くありました。

お力を貸していただいた皆様にご恩をお返しするためにも、
さらなる自社の発展が我々の使命であります。

「おかげさまと感謝の心は忘れない」

100年企業を目指し、一歩ずつ進んで参ります。

1.全社員の精神的な豊かさと物質的な豊かさを両立する

2.日本の製造業として誇りを持ち、「ねじ」を通して社会に貢献する

会社名株式会社SHOWA
設立1971年7月
代表者出口幹恭
従業員数12名
資本金450万円
所在地〒629-1243 京都府綾部市十倉向町石原22番地
電話0773-45-1118
FAX0773-45-1128
E-mailinfo@showa-kyoto.com
1960年鍛冶屋をしながら、ねじの二次加工を開始
1971年7月有限会社正和製作所 設立・操業開始
1979年1月物部工場を開設
2007年8月上林工場を開設
2010年7月株式会社SHOWAへ社名・所在地変更
2011年7月KESステップ1取得
2015年6月ドライバービットの製造開始
2016年3月CNC旋盤の導入
2018年7月平成30年西日本豪雨により被災
2018年11月完全復旧し操業再開
2019年12月ワイヤーカット放電加工機の導入